概要

HOMEへ戻る

HOME  >> 概要 >> 中期事業計画 >> 材料照射損傷評価技術開発

中期事業計画

材料照射損傷評価技術開発

概要

加速器を用いた放射線損傷評価を行い、原子力関連機器や宇宙開発関連機器を開発します。

これまでの取組

陽子線照射では半導体発光デバイスの損傷評価を、低エネルギー陽子線照射では太陽電池の電気安定性を、イオン照射ではニッケルナノ結晶・原子炉構造材料の加速試験による損傷発生状況を確認しました。

今後の取組と期待される成果

イオン照射損傷メカニズムを解明し、薄膜永久磁石の放射線による減磁性測定等により、原子力関連機器や宇宙開発関連機器を開発します。その際に得られる豊富な加速イオン種を用いたイオンビーム照射の分析手法・対象や照射対象の拡大により、企業、大学、研究機関等の材料照射ニーズに応えることが期待されます。

ページトップに戻る