概要

HOMEへ戻る

HOME  >> 概要 >> 中期事業計画 >> 加速器分析技術開発

中期事業計画

加速器分析技術開発

概要

ナノ材料から生物、文化財まで多種多様な物質に対する、高精度イオン計測技術、大気中マイクロビーム形成技術及びX線計測技術を用いたビーム分析技術と新しい分析装置を開発します。

これまでの取組

水素吸蔵合金の水素吸蔵・放出過程のリアルタイム観察(極微量分析技術)や虫歯発生機構の解明(歯質中のフッ素分析技術)等を開発、測定器等も試作しました。

今後の取組と期待される成果

重イオンビームでは「飛行時間測定による弾性反跳粒子検出法」と「ラザフォード後方散乱法」での分解能向上および測定対象元素の拡大を、イオンマイクロビームでは「大気中での生物組織・細胞中の2次元元素分布測定法」を開発し、蛍光X線分析とX線透過像の同時撮影可能な装置も開発します。重イオンビームを用いた極微量測定技術の開発では測定精度の向上と測定対象元素の拡大が、イオンマイクロビーム利用技術の開発では大気中での2次元元素分析が、X線計測技術の開発では鉱物、植物及び土壌などの現地スクリーニングの実現が期待されます。

ページトップに戻る