概要

HOMEへ戻る

HOME  >> 概要 >> 中期事業計画 >> 粒子線作用の素過程の解明

中期事業計画

粒子線作用の素過程の解明

概要

陽子線がん治療の適用範囲の拡大に向け、がん細胞への陽子線の照射効果を評価します。

これまでの取組

これまで、陽子線とX線は生体内で同じ作用をすると言われてきましたが、陽子線はX線よりもがん治療により効果的との知見を得ました。

今後の取組と期待される成果

陽子線の作用や治療効果をより詳細に検証・解明することで、その照射回数などプロトコールを見直します。これにより、膵がん等の難治性がんの新しい治療法の開発が期待されます。

ページトップに戻る