概要

HOMEへ戻る

HOME  >> 概要 >> 中期事業計画 >> 動的照射の形成法開発

中期事業計画

動的照射の形成法開発

概要

福井県立病院陽子線がん治療センターの要請による技術やスポットスキャニング法等の高度な照射野形成法を開発します。

これまでの取組

陽子線では国内初となる「積層原体照射法」、「X線CT患者自動位置決め技術」等の実用化に成功し、福井県立病院陽子線がん治療センターの設計に反映されました。

今後の取組と期待される成果

照射範囲の複数分割やパッチフィールド照射技術(多方面からの照射)の開発、スポットスキャンニング法(標的の形状に合わせたビーム走査)の制御システムの開発、線量分布検証法の開発、光子線照射と陽子線ブースト照射を併用する治療法等、高度な照射野形成技術を開発します。
これにより、複雑な部位への高品質照射が可能となり、福井県立病院陽子線がん治療センターの治療技術の高度化への寄与が期待されます。

ページトップに戻る