概要

HOMEへ戻る

HOME  >> 概要 >> 中期事業計画 >> 無機酸化物光機能材料開発

中期事業計画

無機酸化物光機能材料開発

概要

光触媒や照明用新型発光材料等、太陽光エネルギーを他のエネルギーに、あるいはその逆に作用する高効率の無機酸化物材料を開発します。

これまでの取組

光から化学エネルギーへの変換形態のひとつである可視光フォトクロミズム物質およびその複合体を改質する手法で太陽光水分解材料を探索しました。この過程で明瞭な着脱色を示す一方で硫黄や塩素などを含まない新しい可逆性感湿材料を開発し、特許を出願しました。

今後の取組と期待される成果

レアメタル不要の発光材料と可視光による光触媒を開発し、微細化、形態制御等によるエネルギー変換効率の向上を図ります。さらに実用化のための周辺技術を開発します。これにより、照明用新型発光材料や太陽光触媒による水素製造と燃料電池を組み合わせた戸別発電システム等の実現が期待されます。

ページトップに戻る