拠点化計画

HOMEへ戻る

HOMごあいさつE >> 拠点化計画 >> エネルギー研究開発拠点化計画

 

エネルギー開発拠点化計画とは

福井県では、地域と原子力の自立的な連携を目指して、平成17年3月に「エネルギー研究拠点化計画」を策定しました。この計画は、高速増殖炉「もんじゅ」をはじめ様々な原子炉が集積する本県の特徴を活かし、原子力発電所を単なる発電の「工場」にとどめることなく、原子力を中心としたエネルギーの総合的な研究開発拠点地域とするためのものです。「安全・安心の確保」、「研究開発機能の強化」、「人材育成・交流」、「産業の創出・育成」の4つの柱に、国をはじめ、市町、電力事業者、大学、産業界などと一体となって具体的な施策を展開しています。平成20年度からは新たに「重点施策」を設け、「国際的な研究機能の集積」、「アジアの安全技術・人材育成への貢献」、「地域産業への貢献」の観点からさらなるステージアップを目指しています。

拠点化計画が目指すもの

ページトップに戻る